医療保険の選び方

入院日数が短くなっている2つの理由

がん保険の請求
医療保険のよくある質問

最近、友人が病気になって入院をしましたが思っていたより早い期間で退院してきました。
友人は入院をしても「すぐに病院から出されてしまう」ということを言っていましたが、病気の治療が必要であって入院をしても、長期間にわたって入院をする人は少なくなってきているのでしょうか?

相談者さん
相談者さん
医療保険は必要がないということですか?
保険見直し.net
保険見直し.net
これからの時代に必要な医療保険の考え方をお伝えしましょう

最近では、入院されても「すぐに病院から出されてしまう」ということをよく聞きます。
病気の治療のために入院をしても、長期間にわたって入院をする人が少なくなってきているようです。
それは、厚生労働省が発表している統計データからも、入院日数は短期化する傾向にあることが分かります。
では、どうして入院日数は年々短くなっているのでしょうか?

病院の事情と医療技術の発達

医療保険のパンフレットを読んだり、保険販売の担当者の説明を聞いていると入院日数は短くなっているということをよく聞かれると思います。

2012年~2014年に放映されたドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子』をご存知でしょうか?
主人公は米倉涼子さん演じる凄腕外科医。このドラマの台詞をご紹介します。

<伊東四朗さんが演じる毒島院長の台詞より>
「一般病棟の入院日数が伸びて回転率が下がっていますね。赤字は右肩上がり」
「腹腔鏡オペは入院日数が少ないから回転率が上がってよろしいですね」

これらの台詞から、入院日数が短くなっている2つの要因がみえてきます。

医療技術の発達

医療技術が発達したことにより患者さんにとって、今までよりも身体に負担が少ない医療が普及してきていいます。
手術後の身体的負担が少ないため、手術が終わった後に入院する日数が短くすむようになってきています。
手術をされた方がよく言われるのが手術後に「すぐに歩かされた」というようなことです。
患者の負担が少ない手術と共に、リハビリを早く始めることによって患者の早期自立を推進しています。
これにより、入院日数、在院日数は短くなります。

病院はベッドの回転率を上げたい

病院にとっては一人の患者に長期間滞在してもらうよりも、短い滞在の患者さんをたくさん集めてベッドの回転率を上げた方が利益を取りやすいというのが現在の診療報酬制度の特長です。

病院は慈善事業ではありませんので、黒字にならなければ経営が成り立たなくなってしまいます。病院のベッドの回転率を上げることで医療費の報酬を上げる努力をしています。
当然ながらそのような病院の患者の入院日数(在院日数)は短くなります。
また、大学病院等で患者が手術の順番待ちをしているような病院では次の患者さんのためにベッドを空ける必要があります。そのため手術が終わった患者にはなるべく早くベッドを空けてもらい、順番を待っている患者さんの受け入れをしなければなりません。

医療保険加入の患者は長期滞在したい

もちろん、病院には長くいたくないものです。住み慣れた自宅に一日でも早く帰りたいと思います。
しかしながら、先ほど説明したように病院側の事情からすると、長期に入院されるよりも、短期の滞在(入院)の方が利益を生み出しやすくなっています。

一方、医療保険やがん保険に加入してる患者の立場ではどうでしょうか?
入院をすると入院日数に応じて、入院給付金が受け取れるのが現在の医療保険の主流です。入院日数が長くなるほどより多くのお金を受け取ることができます。
病院は早く退院して欲しい。医療保険加入者は長く入院した方が給付金が受け取れる額が増える。
それぞれに得られるメリットが異なるギャップが存在しています。

まとめ

経過年数と入院平均日数のグラフをみれば入院が短期化していることが分かります。
短期化している入院に対応するための保険は各保険会社から発売されていますので、最近の医療保険であれば、短期入院に対する心配は必要ないかもしれません

しかし、入院が短期化しているといっても実はまだまだ長期化する病気が根絶されたわけではありません。
「保険」という観点から考えた時に、入院が長期化したり、病気の治療が長引いた時にどのようなリスクヘッジをすることができるのかも、考えておくことが重要です。