医療保険の選び方

持病がある人でも入れる医療保険の選び方

病気のある人医療保険

持病がある人でも入れる医療保険があることで、医療保険選びの選択肢が広がっています。持病がある人でも加入できる医療保険は「緩和型医療保険」とよばれています。緩和型医療保険を考える際にまずは加入条件を確認する必要があります。

持病がある人のための医療保険

持病がある人でも入れる医療保険は多くの保険会社から販売されるようになってきました。
このような医療保険は「緩和型医療保険」とも呼ばれています。特長は加入条件となる健康状態の確認内容(告知)が一般の医療保険よりも少なく、緩くなっていることにより、より加入しやすい医療保険になっていることです。

質問項目、内容は保険会社によって異なる

医療保険はどこの保険会社もだいたい同じと思われているかもしれませんが、持病がある人でも入れる医療保険の場合、加入の入り口である「告知」の質問項目、質問内容が保険会社によって異なります。
ですので、一つの保険会社で緩和型医療保険に入れなかったとしても、他の保険会社でも入れないとは限りません。
また、病気によってはどの保険会社でも共通して加入することができない。ということもあります。
一般的な医療保険に加入することができなかった方はこのような緩和型医療保険をお考えになると思います。
緩和型医療保険の選び方については「病気の人でも入れる医療保険」の記事をご参照ください。

まずは加入できるかどうか?

様々な保険会社の緩和型医療保険を検討される際には、各保険会社の「告知項目」についても事前に確認されておくのがおススメです。
ご自身の病気の状態、内容、治療期間によって、加入できる保険会社と加入できない保険会社に分けることができます。
告知の内容によって「加入できない保険会社」の緩和型医療保険をいくら検討しても時間の無駄です。
保障内容ももちろん重要ですが、緩和型医療保険を考えられるということはご自身でなんらかの健康に対する不安要因を持っておられることでしょう。
緩和型医療保険を検討される場合は、まずは「加入できる可能性かあるかどうか?」を最初に調べ、加入できる可能性がある緩和型医療保険のみ保障内容や保険料について比較検討する。という方法がベストです。

医療保険申込時の告知の内容

加入条件となる告知の質問内容は「病気の種類と治療期間」です。
まず、ご自身が持っておられる持病で入れる保険会社、入れない保険会社は決まってきます。
持病がある人でも入れる医療保険をお考えであれば、まずは加入条件をクリアした保険商品を選び、その上で比較・検討する必要があります。

まとめ

持病がある人でも入れる医療保険は、実際に病気の経験がある人にとっては魅力的な商品に映ることだと思います。
しかし、冷静に判断をして保険料と保障内容のバランスをみて、ご自身にとって本当に必要な保険商品であるのかを考えることが重要です。