医療保険の選び方

医療保険の保障期間はいつまでがいいのか?

保険期間を決める

医療保険の保障期間はいつまでがいいのでしょうか?
医療保険の保障期間には大きく分けて2つのタイプがあります。
「定期と終身」です。

一定期間だけ保障される「定期」

「定期」タイプの医療保険は、ある一定期間を保障することを目的とした医療保険です。
契約から10年間、20年間、年齢が60歳まで、80歳までというように
保障される期間の終わりが決まっています。

一生涯保障される「終身」

「終身」タイプは、契約してから亡くなられるまで一生涯保障される医療保険です。
定期タイプと違って、終わりが決まっていません。解約するか亡くなられるまで保障が続きます。

どちらの医療保険を選ぶのか?

医療保険選びにおいては、どちらのタイプが良いということは無く、保険期間の違うタイプの医療保険があり、加入目的がそれぞれに違うということを認識しておくことが大切です。
一定期間だけ、しっかりとした保障が必要という方であれば、終身タイプの医療保険では加入目的に対して保険料が割高になってしまいます。
定期タイプなら保険料を安く抑えると共に、しっかりとした保障を目的の期間だけ得ることに向いています。

今の年齢でも心配だが、高齢になると病気の確率はさらに高くなるので、将来に対してもしっかりと備えておきたいという方であれば、定期タイプの医療保険では目的が違ってきます。保障が終わることのない安心感という点でも終身タイプの医療保険が最適な選択ということになります。

まずは期間を決めて、保障内容を決める

医療保険は「定期か終身か?」加入する医療保険の保障期間のタイプさえ決まれば、後は同じ保障内容で医療保険を比較し、自分に合った医療保険を選ぶだけです。
医療保険を選ぶ際には「いつまでの保障が必要か?」ということをしっかりと決めておくことが重要になります。