がん保険の選び方

新しいがん保険と今までがん保険の違いは?

昭和平成令和

以前から長く加入している旧いタイプのがん保険と
最近発売されている新しいがん保険の違いはなんでしょうか?
保険の場合、
新商品だからイイ、素晴らしい!
昔の商品だからダメ、使えない。
ということでもありません。
新旧のがん保険のどのような点を比較、評価すれば良いのかを解説していきます。

保障内容が大きく異なる

がん保険が日本で発売されてから40年ほどの歴史があります。
40年前に加入されたがん保険と、最近発売されているがん保険では保障内容等が大きく異なります。
一概に「新しい保険だから良い」ということは言えませんが、40年前のがん保険と今のがん保険では何が違うのでしょうか?

がん治療に対する考え方の違い

大きく異なるのは、がんの治療に対する考え方です。
以前からの旧いタイプのがん保険は多くの場合「がんと診断⇒長期入院⇒がん死亡」という流れを想定して、長期入院による治療のリスクを保障するようながん保険が一般的でした。
そのため、入院給付金が手厚く保障されている場合が多く、その反面「入院以外」の治療に対しては保障が無いがん保険も多くあります。

がん保険が使えない
長期の入院を想定したがん保険だった

最近のがん保険の傾向

新しいタイプのがん保険は、年々変化する医療事情に合わせ、多様化するがん治療に対応できる保障内容になっています。
がんの三大治療、標準治療といれているのが「手術・放射線・抗がん剤」ですが、これらの治療と「入院」とは結び付かなくなってきました。
手術であれば、日帰り手術や手術後の短期間での退院と通院。
放射線や抗がん剤治療であれば、入院無しの外来での通院治療。
というように選択するがん治療の方法によって、治療のスタイルも大きく変わってきています。
がんという病気は治療法を「長期入院」という一括りにすることができなくなっています。
罹患するがんの部位、進行度、患者の年齢、受診する医療機関、担当医によって治療内容は変わってきます。
それぞれの治療のスタイルに柔軟に対応できるようになっているのが新しいがん保険です。

まとめ

古いタイプのがん保険と新しいがん保険。
特に既にがん保険に加入されている方は、加入のがん保険と新しいがん保険のどこが違うのかを正確に把握されておくことが重要です。
違いを知った上で、ご自身にとって必要な保障は何か?を明確にすれば、がん保険の見直しも非常にスムーズになるのではないでしょうか?